審美歯科を利用する

歯や歯茎の色、歯並びなどを治すことによって得られる口元の美しさを追求した医療のことを審美歯科といいます。 虫歯や歯周病の治療も大切です。歯並びを治すことによって虫歯を防ぐことが出来るようになります。 歯並びを治すことによって結果的に歯磨きがしやすくなります。虫歯が出来にくくななるのです。 歯科矯正で歯並びを治すと上下の噛みあわせが出来るようなります。奥歯で食べ物をかみ砕くことが出来るようになります。 審美歯科では、歯を白くするホワイトニングします。虫歯治療で削ったところにセラミックを被せます。金属アレルギーの心配がなくなり見た目もとてもよくなります。 また、オールセラミックにすれば歯の裏側も金属が見えるということがなくなります。

審美歯科においてホワイトニングの治療は自由診療となります。価格は歯科医院によって違いはありますが2万から10万と言われています。マウスピースを歯医者で作ってもらって家で行うこともできます。 人口歯を入れる時にセラミックを使うと自然歯のように見えます。セラミックも健康保険は使えず自己負担となります。そのため費用は高額となります。金属を使わないので歯茎の隙間が黒く見えるということがありません。 セラミックだから美しい、自然歯と全く変わらないというのではありません。自然歯のような歯の色を出すのは歯科技工士の腕にかかっていると言って過言ではないのです。 審美歯科とは、治療する歯科医と歯科技工芯の技術性が求められるものなのです。